公式ラカントーン
本場タイ国料理 
ラカントーン                                ボード

    黄金の鐘
第17回タイ・フェスティバル 2016

HOME

忘年会&新年会特別セットメニュー
お一人様二時間4,500円で、10種類のタイ料理がついて、各種、アサヒビール、生ビール、焼酎、カクテル、ジュース等が飲み放題となる新メニューを発表しました。詳細

最新のお知らせ
暑い暑い夏の次は秋を越えて、寒い季節がやってまいります。冬は何と言っても体が温まる鍋ものが一番ですね。当店では皆様の要望に答えスキヤキセットをご用意致しております。冬にはぜひ、すき焼きセットをご賞味くださいませ。
スキヤキセットメニュー
お二人様以上来店の方に限ります。お一人様2500円でお二人様は5000円のご予算でスキヤキセットがご賞味いただけます。
さらにスキヤキセットにサービスがつきます。
飲み物をグラスに一杯サービスいたします。ジュースかワインのどちらかをスキヤキセットの方にサービス致します。
  

ラカントーンオリジナルドリンク
ラカントーン独自の製法で造られた焼酎です。
ぜひ、一度ご賞味くださいませ。

自家製の焼酎とビール
申し出があれば、全国に配送も致しております。            
    
団体でお越しのお客様にはワインを一本をサービスします。
但し、4名様以上に限らせていただきます。
    
明るい店内で友達と一度お出かけになって、ぜひタイの味を味わって見てはいかがでしょうか?

全品目案内


20品目

ランチタイムはAM11:30~PM3:00まで、
手軽な値段でご提供を致しております。

12品目


10品目


19品目


8品目


               
9品目


               
10品目


               
10品目


               
11品目


                
11品目


                
64品目


一言タイ料理
タイと言う国の名前を聞いて抱くイメージは十人十色。タイシルク、タイ人の微笑み、優美な古典舞踊、日本と同様に米を主食とする仏教国、豪華爛漫な寺院、世界遺産スコータイとアユタヤ、像の国、欄の花が咲き乱れる熱帯の自然豊かな国、プーケットやパタヤに代表される世界的なビーチリゾート。エネルギュシュな水上マーケット、発展する東南アジアの中心地バンコク、その中で、欠けてはいけないタイにおける代表的な存在の一つはタイ料理。タイ料理は、独自の料理に近隣諸国の食文化を受け入れて発展してきたため、食材も調理法もさまざま。その上、宮廷料理から屋台料理、北部の料理から南部の料理まで、多種多様の味が競い合い、同じ名前の料理でも2度と同じ味に出会えないほどの食に満ちあふれています。タイ料理イコール「辛い」という図式は大間違い、本当のタイ料理は「辛くて酸っぱくて、甘い」複雑な味付け。決め手になる調味料は、ナム・プラー(魚醤)、プリック(唐辛子)、パクチー(香菜)、マナオ(タイのライム)の四つ、また、料理によってはバイ・マクルー(こぶみかんの葉)やココナッツ・ミルクなどが絶妙に配され、これらの調味料の加減によって独特の味を作り出しています。世界3大スープとして有名なトム・ヤン・クンも、店によってはマナオ風味の強い酸っぱいもの、プリックの利いた飛びきり辛いものなどさまざま。当店ではさまざまなお料理をご用意致しますので、どうぞお試しくださいませ。きっと、お気に入りの味がみつかるでしょう。

タイ風シーフード・レッドカレー
インドで生まれたカレーはタイに伝播し、味を変えた。この味が日本に浸透したのは、インドやブリティッシュ・カレーと比べると本当に近年のことだ。まずは流行の先端を歩む人々に愛され次第に底辺を広げていったのだが、このためか、あとにエスニック料理=高級品のような図式が形づくられた。また、材料としてのスパイスやハーブ類が高価だということもこの図式をより鮮明にした原因の一つだろう。しかし、こんな理由でタイ・カレーを日常のレシピから外すわけにはいかない。外すには美味しすぎるのだ。私たちのカレーの概念を打ち破るカレーペーストの味と香り。ココナッツミルクとの微妙なバランス感。すべては毎日の生活を色鮮やかに染めてくれるモノばかり。タイ・カレーは新鮮さがすべて。フレッシュな材料を使い、具をあまり煮立てずに食べる。だから基本は、その場で作り、その場ですぐ食べてしまうことだ。
写真は右からレモングラス、パジリコ、コリアンダー(粒)びん詰め香辛料は便利だが
やはり香りの点で、生に劣る。タイ・カレーは香りが命である。
注意事項 車を運転されて来る方に対しては当店と致しまして酒類は一切提供致しおりません。
      どうしてもと言う方には代行を手配し帰っていただいております。

ご観覧ありがとうございます。スタッフ一同 心より ご来店を、お待ち致しております。
Copyright(C)rakangthong2011